読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In Times

黒い・暗いメタルを主に。

Odal - Geistes Unruh

f:id:dooom:20170425000505j:plain

 

ドイツ産ブラックメタルの4thアルバム。6曲45分。

 

キタッッッッ!!!!!!!!!!!!ついにきた!!!!

我らがジャーマンブラックメタルの雄、Odalのフルアルバムがやっとでた!

前作3rdアルバムより実に8年(今作の半年ほど前にEPを出してはいるが)、実に長かった・・・。

 

前作である3rdアルバムは寒々しくも神秘的でメロディックかつ激烈、そして凄まじいほどのドラマティックさでただでさえ密度の濃いジャーマンブラックメタルをさらにググっと2段階ほど暑苦しくさせる素晴らしいアルバムだった。

それに対し、今作は(EPでもだが)初期のようなやや90年代の香りが漂うような芋臭さ、そしてジャーマンブラックメタル特有の湿っぽさと荒涼感を前面に推しだした作風になっている。

どことなく良くも悪くも危うさすら感じる曲展開、刻みリフ、儚げなトレモロリフとリードギター、そして靄がかかったような籠もった音質。

思わず「あれ、これ1stアルバムかな・・・」なんて思ってしまいがちだが、紛れもなく4枚目のアルバムだ。

1stアルバムの上位互換と捉えれば良いのだ、なんら問題はない。

 

前作の激烈さは控えめではあるが、これでもかとジャーマンブラックの持つ神秘的でメロディックな面を惜しげも無く放つ傑作。

Odalが好きならもちろん、古き良きメロウでプリミティヴなブラックメタルが好きなら尚のこと買って損はしない。