読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In Times

黒い・暗いメタルを主に。

October Falls - The Plague of a Coming Age

O ブラックメタル

f:id:dooom:20161010231601j:plain

 

フィンランドブラックメタルの4thアルバム。9曲50分。

 

まさにバンド名のごとく秋を、そして冬の到来を感じさせる慟哭のフォーク/ブラック。

これまでの作品はアルバムに入っている曲間がつながっており、まるで1曲、しかも超大作のような感覚だったが今作はそれぞれの曲が独立しているようだ。

 

とはいっても作風に大きな変化はなく、これまで通り泣きに泣きまくるリードギターと曲中に挿入される寂しげなアコギがメイン。

ドラムもそれらを活かすため走りすぎることはなく、気持ちアグレッシヴになる程度で基本はミドル~スローテンポ。

遠くから聞こえるような掠れたヴォーカルもやはり枯れ葉のように脆く儚い感じを演出していてとても良い。

また、今作ではこれまでになかったクリーンヴォーカル(それもかなりアンニュイな)も取り入れられており、よりメランコリックにかつ甘くなっている。

 

上述の通り秋~冬の情景を思い浮かべることが出来るような、厭世的でかつ叙情的。

毎回毎回、アルバムを出すたびに絶望的なまでにバンド名とマッチしていることを思い知らされる。

 

浸れる、という言葉ぴったりの音楽性。

やはり秋に聞くのはOctober Fallsなのだ。

このダークでデプレッシヴながらも、ひどく感傷的になれるのは唯一無二。