In Times

黒い・暗いメタルを主に。

Novembre - Ursa

f:id:dooom:20160507231639j:plain

 

イタリア産ゴシック/ドゥームメタルの8thアルバム。10曲64分。

 

前作「The Blue」のみ所持しておりそれより以前の作風については分からないが、今作は前作よりもよりメランコリックかつエモーショナルになったアルバムのように感じる。

 

気だるげなしかし非常に色気のあるクリーンヴォイスの比率がググッと上がっており、全編にわたってどことなく俯いて歩くような鬱屈さを感じさせる。

そこに獰猛に噛み付いてくるスクリームにより繊細さと醜悪さのメリハリがついており思わずハッとさせられる。

ドラマティックに展開するわけではなく、只管、アンニュイな雰囲気を纏い「構ってほしいけど、でも近寄らないで」オーラを排出するかの如くに後ろ向き。

どことなく昨今のポストブラックというかAlcestのような光が挿すようなリフ・展開もあり、ぼやけたような音像も相まって大海をたゆたうような、包まれるような、鬱屈としているのに優しさすらも感じる。

 

この手のジャンルでは当然だが、ほぼ終始ミドル~スローテンポでしっとりじっくり聞かせるため決して激しくはない。

しかしそれを補って余りあるメランコリックさは筆舌に尽くしがたい。

 

夜やとくにこれからの梅雨の時期に聞くと、とてもとても感傷に浸れること間違いなしの傑作。