In Times

黒い・暗いメタルを主に。

Hirilorn - Legends of Evil and Eternal Death

f:id:dooom:20160419231031p:plain

 

フランス産ブラックメタルの1stアルバム。4曲55分。

Deathspell Omegaのメンバーが絡んでいる。

 

あざといとさえ思うほどのクサく勇壮で哀愁漂うメロディックリードギターを惜しげもなく前に前に出してくるメロディックブラックとなっている。

 

全体的にシャリシャリとしたプリミティブな音質でブラックメタルらしい寒々しいトレモロリフもあるにはあるが、上記のヒロイックなギターが全てをかっさらっていく。

全曲(といっても4曲だが)ともに楽曲をグイグイと強引に引っ張っていく様は悶絶必至。

どれだけ寒々しく重苦しい展開でもリードギターが出てきた瞬間一気にアツく変わる。

そこに更にアトモスフェリックな彩りを与えるキーボードや時折グネグネと不穏に動き回るベース。

そしてなんといってもShaxulの獰猛に噛みつくヴォーカル。

全てが高次元で絡み合っており、とんでもない化学反応を起こしている。

 

短くて12分、最長16分という大作主義のアルバムだが全くダレることがない、ガッツポーズせざるを得ない起伏にとんだ展開のオンパレード。

ロディックでドラマティックなブラックメタルの傑作だ。

Deathspell Omegaと聞き比べるのも楽しいだろう。

 

 

ちなみに自分は再発であるLP盤を所持しているが、bandcampでデータ販売も行っているようなので気になった方はチェックしてみるといいだろう。