読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In Times

黒い・暗いメタルを主に。

Sorhin - Apokalypsens Ängel

f:id:dooom:20160201234108j:plain

 

スウェーデンブラックメタルの2ndアルバム。11曲45分。

 

スウェーデン産というと個人的にはDissectionやDark Funeral等々から連想される吹雪のような寒々しさを演出しつつもメロディックにかつかっ飛ばすようなブラックメタルを連想するのだが、このバンドは非常に個性的な演奏をしている。

前作の1stアルバムでは少しノリはいいが典型的な90年代ブラックメタルをプレイしておりノルウェイジャンブラックもかくやと言わんばかりではあったが、このアルバムにいたっては何を吹っ切ったのかクサメロを出してきている。

適度に寒々しいリフもありクサメロもあり、そしてなんといってもそこらのメタルで聞かれるような刻みリフまで飛び出す始末。

初聴時は「は?刻み?ふざけんなよ」等と思いながら聞いていたがこれがなかなかどうして耳に馴染みやすい。

自然と頭が動き、実はこの刻みとメロディが以外にマッチするのだと気付かされる。

ノリのよさはさらに推し進められており非常に「わかりやすい」アルバムだ。

 

個性的だが同時に攻撃的なアルバム。