読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In Times

黒い・暗いメタルを主に。

Kältetod - Leere

K ブラックメタル

f:id:dooom:20151102213618j:plain

 

ドイツ産ブラックメタルの1stアルバム。4曲42分。

 

多少荒い音質(モコモコしている?)ではあるが、はっきりとトレモロが聞こえそのメロディは極上の一言に尽きる。

ジャケットのように儚げながら時に鬱、時に美メロである。

デプレッシヴブラックのお手本であるかのようにひたすらに反復反復であり、そのメロディにクラッときてしまう。

音質のせいでもあるのか、アトモスフェリックさも併せ持っている。

ドラムは打ち込みであるのか非常にチープであり、ブラスト疾走時はあまり爽快感もないがそのせいかややゆったりした空気が生まれておりそれも曲の雰囲気に貢献している。

デプレッシヴないしアトモスフェリックブラックによくあるようなディストーションのかかりまくった絶叫ヴォーカルも曲の儚さと見事にマッチしている。

 

まさしくジャケットのような儚げな、または荒廃した情景が目蓋の裏に浮かぶかのようなデプレッシヴブラック。

特に鬱々としているわけでもなく、温かみのあるこのメロディと空気感は本当にたまらない。

 

2010年にEternity Recordsから2ndアルバムが発売されると共に1stアルバムもリマスター再発されたが、そちらのジャケットは何とも形容しがたい黒色(焦げ茶?)。

また収録されている曲も変わっている。

再発盤には収録されていないが、west wall盤には個人的キラーチューンであるAppendix: Hypnosが収録されているため是非ともwest wall盤を手に取っていただきたい。

 


Kaltetod - Appendix Hypnos - YouTube

 

とてもとても大好きな、そしてこれからも追い続けていくであろうバンドの1つ。